ネット副業はチャットレディだけじゃない

チャットレディ以外の仕事

ネットでできるお仕事の中には、チャットレディの他にもたくさんの職業があります。
不特定多数の人に仕事を依頼しているクラウドワークス、自分が撮った写真など販売できる副業などさまざま。
自分に合った職業を発掘してみましょう!

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、日本企業がネットを使って仕事を必要としている人に案件を委託するという新しい雇用形態です。
企業側が「この仕事やってほしいけど今人が足りない」という状況に陥った時に、クラウドソーシングサービスを利用します。
そうするとネットで募集を見た一般の方が、仕事を受注して自宅やカフェなどでお仕事開始するのです。
クラウドソーシングサービスで取り扱っている仕事は、主にデータ入力やワードを使って文字起こしをします。
もちろん例に挙げた仕事はほんの一部。
中にはグレードアップした案件もあり、専門知識をフル活用した外国語翻訳といった仕事もあるのです。

写真販売

写真販売とは、文字通り写真を販売する副業です。
「カメラで写真を撮るのが好き」「風景を撮って皆にシェアしたい」と思っている方は、写真を撮って販売してみましょう。
写真販売ができるのは、フォトライブラリーやピクスタ、ストックフォトサービスといったサイトが人気を集めています。
それぞれのサイトでは購入者が求めているニーズが違います。そのため写真を新たに撮って販売したい場合は、購入者が欲していそうな写真を撮るのが得策。
もちろん過去写真も販売できるため、今まで撮った写真を売りさばくことも可能です。
本格的に一眼レフを使って撮影してもOKですが、もちろんスマホのカメラで撮った写真でも人気がでることもあります。
スマホで撮る場合は、画素数が高いiPhoneシリーズが最適です。

アフィリエイター

アフィリエイトという単語聞いた経験ありますか?アフィリエイトとは、商品をブログで紹介して宣伝するお仕事。
アフィリエイトを専業としている人を、アフィリエイターといいます。
特に主婦層の方は、毎日コツコツをブログを更新している人もいるのではないでしょうか。
そんな方にアフィリエイトがおすすめなのです。
例えば自分のブログに1つ、またはそれ以上広告をつけておきます。
ブログの読者がその広告をクリック、または商品を購入するとあなたに何割かの広告収入が入るのです。
つまりブログに広告をつけて放置しておけば、後は読者が買ってくれるか広告をクリックするのを待つだけ。
そのためより多くの読者を引き寄せる必要があります。