チャットレディは確定申告する必要がある?

確定申告の有無

チャットレディを副業として、または専業として働くつもりの方は確定申告についてチェックしておきましょう。
副業といえど、チャットレディでも申告が必要なケースがあります。
確定申告はスルーしていると、重いペナルティが課せられることもあります。
チャットレディは、お給料が発生するお仕事です。自分で稼いだ分は、納税対象なのかをきちんと確認しておいてください。

確定申告必要なケースは?

チャットレディで申告が必要なケースは、副業だと1年間で20万円以上の収入があった場合です。
またチャットレディを専業として働いている場合は、1年で38万円以上の収入がある時は必ず申告が必要です。
1年間とは、その年の1月1日から12月31日までの所得です。

確定申告をしなければならない人が申告しなかった場合、最悪脱税とみなされてしまいます。
脱税と判断された場合はペナルティとして本来払うはずだった金額の、倍以上の税を支払うはめになるので注意してください。

青色申告?白色申告?

確定申告は青色申告と白色申告があります。青色申告は税金の額を低くできますが経理処理が非常に難しいです。
そのため簿記知識がない人からすると、かなり頭を抱えるかもしれません。
一方白色申告は、簡単な経理処理で済みます。その代わり青色申告のように節税はできません。
節税目的で青色申告する時は、税務署に書類を提出する必要がありますが白色申告では必要ありません。

副業としても多くのお金を稼いでいる場合は、青色申告をオススメします。経理処理が難しいですが、近年では確定申告代理サービスもあるほど。
申告手続きが自分ひとりでできない方は、確定申告を代理で行なっているサービスに頼んでみましょう。

経費の計上

確定申告が必要なチャットレディは、経費欄を必ず記載しておきましょう。多額の経費をたくさん計上することで、税金が安くなります。
インターネット利用料やテレビ電話の利用料、化粧品代といったものは経費に当たります。
仕事に使う分だけを計上して、税金を抑えてみましょう。

税金を安くしようとして、本来の使用料よりも多く見積るのはやめてください。
経費の利用割合は自分で記載できますが、まれに税務署の人からどのくらいの頻度で利用しているのかを聞かれます。
その時にきちんと答えられないと、疑われてしまうので経費欄は正直に申告しましょう。